B様邸 新築工事㉓

今回は、通気見切取付、ウェザータイト取付、

外装材搬入、小屋裏壁下地のご紹介になります。

まずは、通気見切りの取付の様子です。

次に、換気扇ダクトに、ウェザータイトの取付を行っています。

ウェザ-タイトとは、中心の白い部分とその外側のある

薄い緑色が一体となっていて、

中心部に伸縮性の高い樹脂を使用したことで、密着性が高くなり、

確実な防水効果を維持してくれます。

エアコンスリーブにもウェザータイトを取付しました。

外装材が搬入されました。

以前にご紹介した、素敵な色合いの外壁がどうなるのか、

楽しみですね!

次回のブログで、外壁の様子はご紹介させていただきます。

次に、小屋裏壁下地の様子です。

小屋裏とは、屋根裏にできる空間のことです。

収納スペースや趣味のお部屋など、使い道がたくさんあって、

憧れますね!

キャラメルコーンのナッツ味!

みなさまキャラメルコーンはご存じですよね

赤いパッケージでおなじみの甘いお菓子です

小さい頃から大好きで、久々に食べたいと思って

いつものを買おうとしたら、新しくオレンジ色のパッケージで、

「よくばり3種の香ばしナッツ味」と書かれてあって、

思わず買ってしまいました

もちろん甘いですが、ナッツの味が本当に香ばしくて、

私はこの味も好きになりました

少しずつ食べようと思いましたが、止まらなくなって、

一袋全部食べてしまいました

また見かけたら買うつもりですが、みなさまもぜひ

お試しくださいね

B様邸 新築工事㉒

今回は、床下地と断熱とフロアー用柱欠きのご紹介になります。

まずは、床下清掃と床束固定の様子です。

床束とは、1階床の大引を支える大事な役割をもった部材です。

続いて、床下の断熱敷と気密テープ貼りの様子です。

床下断熱材として「スタイロエース-Ⅱ」を使用しています。

気密テープとは、耐久性や粘着性が高く気密性に優れています。

気密性とは、屋内と外部との空気の流通を妨げる性能のことです。

丁寧な施工が行われていますね。

最後に、フロアー用柱欠きになります。

下の写真の部分に、床を差し込みます。

B様邸 新築工事㉑

今回は、外壁下地完了と外壁選び、軒天工事のご紹介です。

外壁の下地が完了した様子です。

次は、壁にいくつかの色の外壁のサンプルを並べて、

お施主様の奥様が決められている様子です。

実際に壁に並べて見る方が、感じがつかめていいですよね。

下の写真に決定しました!

すっきりとした色合いのツートンで、おしゃれで素敵です!!

続いて、軒天工事になります。

軒天とは、屋根の外壁から外側に出ている部分の

天井のことを言います。

軒天下地の様子です。

軒天材として『防火軒天用不燃化粧板』を使用しています。

1枚1枚が、下の写真でもお分かりいただけますが、

薄くて軽量で耐火、断熱性に優れています。

軒天工事中の様子です。

軒天が完了しました!

おすすめのアイスクリーム!

だんだんと暑くなってきましたので、

アイスクリームが食べたくなってきますよね

と言いながら、冬でも食べている私ですが

今回、ご紹介させていただきますのは、

『カフェオレ味』のアイスクリームです

このアイスクリームは、写真をよく見て頂くと、

中身が『みぞれ』になっているんです

これもまたぜひ、お試しいただきたいと思います

B様邸 新築工事⑳

今回は、防水紙貼りと破風板金巻きとユニットバス完成

の3つのご紹介です。

まずは、防水紙貼りの様子です。

下の写真にもございますが、『タイベック ハウスラップ』

を使用しております。

この『タイベック ハウスラップ』は、透湿性と防水性と強度

の3つの優れた特徴があります。

次は、破風板金巻きの様子です。

破風(はふ)とは、屋根の端の部分のことを指します。

そして、そこに取り付けられている板のことを破風板と言います。

その役割は、防風、防水、防火、雨どいの下地などがあります。

破風板が、板金で包み込むように巻かれています。

破風板金巻きの完了です!

最後に、ユニットバスの組立の様子です。

ユニットバスの内部が完了しました。

ユニットバスの完成です!

今回は、ここまでです。

B様邸 新築工事⑲

今回は、外壁断熱工事と給排水配管工事の

ご紹介です。

下の写真は、外壁面材継目及び貫通パイプ廻りの防水処理の様子です。

続いて、外壁断熱工事中の様子になります。

断熱とは、熱の流れを遮断することで、断熱をすることによって、

室内の環境に大きな影響を与えます。

次は、給排水配管工事の様子です。

床下の状態はなかなか見れないので貴重ですね。

自宅のバラが咲きました!

5月5日(火)のブログでつぼみの状態だった

自宅のバラをご紹介させていただきました。

今年も、去年と同様にいろんな色のバラが咲きました。

毎日、見てみるとつぼみの状態は、赤ですが

花が開きだすと黄色になり、それからオレンジ、

最終的にピンクになってきていました

下の写真は、花に雨の雫が綺麗でしたので、

撮ってみました

自然の花の色は、本当に綺麗で癒されますね

B様邸 新築工事⑱

今回は、耐力面材ダイライト貼りのご紹介になります。

『耐力面材ダイライト』とは、地震や火災に強く

湿気を通すので腐りにくく、シロアリに強いという

特長があり、丈夫で長持ちする住まいづくりに

おすすめだそうです。

釘は打つ場所により、それぞれピッチが違います。

下の写真は、端部です。

中央部です。端部よりは少しピッチが広いですね。

端部になります。釘ひとつ打つのも大変な作業ですね。

耐力面材ダイライト完了です。

B様邸 新築工事⑰

今回は、電気配線工事と屋根工事のご紹介

になります。

配線工事とは、住宅の室内へ電気を引き込むために、

配線を設置することです。

続いて、屋根の工事の様子です。

2回目の『改質アスファルトルーフィング』を敷いています。

1回目の『アスファルトルーフィング』も同じように、

フェルト状の原紙にアスファルトを染み込ませていますが、

さらに、性能を向上させたアスファルトを使用しています。

大切な家を守ってくれるとても大事な作業になりますね。

屋根断熱と瓦葺き(瓦で屋根を覆う方法またはその屋根)

の様子です。

瓦工事完了しました!

ゆたか野モデルハウスの桜に赤い実が!?

3月17日(火)のブログで、ゆたか野モデルハウスの

桜のご紹介をさせていただきました

その時は、まだつぼみもあり満開ではありませんでしたが、

3月18日(水)の桜は、下の写真のように満開でした

そして、5月7日(木)にゆたか野モデルハウスに行って

驚いたのですが、なんと『さくらんぼ』が

できていました

桜の木に実がなっているところを初めて見たので、

うれしくて写真に撮りましたが、実際に見ると、

もっとつやつやして、赤い実がものすごくきれいでした

B様邸 新築工事⑯

今回は、柱や梁などの構造材を金物を使って、

取り付けていく作業になります。

 

こうして見ていくと、木材と木材の接合部には、

様々な種類の金物があることが分かりますね。

B様邸 新築工事⑮

棟上げまで無事終わりましたので、柱や梁などの構造材を、

雨などから防ぐために屋根工事に移ります。

屋根の下地が完了しました。

1枚目のアスファルトルーフィングが完了しました。

『アスファルトルーフィング』とは、家の屋根などに防水材と

して使われます。

外壁の下地が完了していく様子です。

どんどんと仕上がっていきますね

自宅のバラ!

いつも食べ物かペットのジジのことばかりの

ご紹介なので、今回は、自宅のバラの

ご紹介をさせて頂きます。

このバラは、黄色のバラとして母と一緒に買いました。

4月30日(木)の朝に撮りました写真が下にあります。

大小合わせて、30個ぐらいの『赤い』つぼみができていました

ちなみに下の写真は、昨年の5月中旬の写真です

黄色、オレンジ、ピンク、赤と

色んな色ができてすごく不思議なバラなんです

今年は、どうなるのか楽しみにしています

咲いたら、またご報告させて頂きますね

K様邸 杉テーブル工事

杉のテーブルの上の部分の加工をしています。

テーブルの脚の加工ができあがりました。

脚の形もおしゃれなデザインで素敵です

とても優しい温かみのあるテーブルに仕上がりましたね

S様邸 倉庫工事②

防水紙の上に胴縁を取り付けています。

倉庫の中の電気工事も一緒に行いました。

外壁を張っているところです。

屋根、壁共に終わりました

オレンジ色と茶色の組み合わせで、おしゃれな倉庫に

仕上がりましたね