大規模修繕の打診調査も行ってます。

今回は、分譲マンションの大規模修繕の

外壁タイルの打診調査のご紹介です。

 

 

 

 

 

H様邸外装工事①

H様邸の外装工事が始まりましたので、ご紹介致します 

屋外での工事ですので、まずは足場の組み立て

になります 

①足場の部材を現地へ運びます。

②各場所へ部材を定位置へ持っていきます。

③足場を組み立てていきます。

高所での作業もありますので、安全に作業にとりかかります 

 

足場の組立が完了しました。

施主様及び近隣の住民の皆様方には、工事中ご迷惑おかけいたします。

怪我なく、事故なく、無事作業が終われるよう心がけております。

よろしくお願い致します。

T様邸更新新築改修工事⑲

外壁サイディングを張りが完了し、シーリング作業に入りました。

完了後からのシーリング作業の様子

シーリングの役割

建材を固定する

シーリングの一番重要な役割は、建材を固定するためのいわば

接着剤としての役割です。

サイディングであれば、サイディング板と板の間の目地に

シーリングを施すことで、サイディング板同士をしっかりと接合し、

固定します。

建材を保護する

サイディングなどの建材を隙間なくぴったりと張り合わせると、

雨風や地震などの揺れ・気温・気圧などの自然環境の影響により、

建材が欠けたりひびが入りやすくなります。

そこでサイディングの目地にシーリングを使うことによって

緩衝材となり、目地が建物の動きに追従します。

シーリングの存在がクッションの役割を果たすことにより、

サイディングへの負担を減らし、建材の欠けやひび割れ、

破損などを防ぐのです。

建物の防水性や気密性を高める

シーリング材を建材の間に隙間なく埋め込むことにより

雨水の浸入を防ぎ、また、建物自体の防水性や気密性

高まります。

シーリングは、雨漏りの応急処置などに使われることも多い

ようです。

外壁や屋根からの雨の浸入経路にシーリングを充填することで、

一時的に雨漏りを防ぐことができます。

サッシや天窓の隙間などからの雨漏り対策にも使用されます。

 

 

 

T様邸更新新築改修工事⑱

サッシ取り換え工事後の外壁工事になります。

外壁は常に雨風や空気にさらされています。

雨にも負けず、、、

風にも負けず、、、

ですので内装よりも劣化の進行が早く、

工事やメンテナンスを怠ればひび割れ・雨漏りなど

さまざまなトラブルが発生してしまいます。

配線の位置、胴縁や防水シート等を確認の上、

着々と進んでいっております。

外壁サイディングを張りが完了しました。

カメさんにも気にいっていただきました。

先日、あるお宅へ。

打合せ中、奥でガサガサと音がするので、

小動物を飼っているのかと!

「ペットのカメを放し飼いにしているところです。」

とのご返答でした。

実は、施主様の窓ガラスは紫外線防止の仕様になっていて

窓側のゲージに置いていたら元気がなくなったそうです。

亀は、甲羅干しをする変温動物であるためにひなたぼっこを

しないで体温が下がると動けなくなってしまうらしく、

水中より体力を温存出来るのでえさが多くなる時間帯まで

陸上で待つことや、甲羅についた寄生虫カビ細菌

死滅させることも目的とされているそうです。

ちなみにおしめのTパックをされてます。

 

写真は、すぎの床の上で気持ちよさそうに

ひなたぼっこしている様子です。

T様邸更新新築改修工事⑰

サッシ取り換え工事のご紹介です。

サッシ交換前

外壁を取り外し、胴縁と防水シートが見える状態にまでにします。

新しく選定したサッシを取付けます。

サッシ交換後

サッシ交換前の色は、ブラウン系でしたがシルバー系に変更しました。

今後は、電動シャッターがつく予定です。

 

保護猫カフェ

 

KATBOS 徳島 保護猫カフェに行ってきました。

今年の8月12日にオープンした『猫たちに新しい家族とお家を』を

コンセプトにしたカフェです。

子猫たちなのでシャッターチャンスがむずかしく撮れたのがこの1枚・・・。

カフェスペースでは、ランチやスイーツもガラス越しに猫をみながら

お食事が楽しめます。

駐車スペースが限られているので、2人以上での来店はご予約がおすすめです。

「現し(あらわし)」について

建築の現場や打合せの場面で「現し(あらわし)」という用語を耳に

することはないでしょうか。

柱や梁などの構造材が見える状態で仕上げることを「現し仕上げ」といい、主に木造の建築用語として使われます。

通常は建物の構造材の上から板やクロスを貼って内装を仕上げるところをあえて露出させ、骨組みを見せるものです。

木材の持つ優れた調湿機能・健康増進機能など木造建築の魅力をいかんなく発揮する施工方法といえます。

在来工法である木造軸組工法で「現し」を行うことはとても難しいと言われており、伝統的な大工技術や木の素材や性質をを知ったうえで施工を行う必要があります。

「現し」の施工例の一つとして弊社施工の「梁見せ天井」をご紹介します。

「梁見せ天井」は通常のボードをはる天井よりも数十センチ天井が高くなるため、実際の部屋よりも広く見える作用があります。

無垢の杉板を使った床や建具を組み合わせることで木材の暖かい質感と自然感あふれる雰囲気に仕上がります。

また、こちらの施工例のように天井ではなく梁に照明をつけることもできます。

弊社では施主様のご要望をしっかりお聞きしたうえで、意匠性と利便性のバランスのとれた自由なプラン作りを心掛けております。

ぜひ、私たちと一緒に「あーだ、こーだ」意見を出し合いながら【家創り】をしていってみませんか。

 

 

T様邸更新新築改修工事⑯

階段廻り、玄関吹抜けの壁下地工事に取り掛かっています。

間柱と胴縁を格子状に組んでいます。

この上に壁を取り付けていくことになります。

整然と並ぶ格子組が綺麗なのですが、壁を取り付けてしまうと見えなくなってしまうので、今だけ見ることができる景色です。

天神社

天神社に行ってまいりました。

眉山の山麓に位置し、創建文化6年(1809年)と言われているそうです。「学問の神様」として有名な菅原道真公を御祭神としており、合格祈願や学業成就の御利益があることで有名です。

 

秋の空を仰ぎ見る狛犬’s

学問の神様【菅原道真公】を祀っており、受験シーズンには多くの受験者が合格祈願に訪れています。

境内に座している「知恵の牛」は、さすればさするほど知恵がつくと言われています。

私もしっかりさすってきました

境内にある「姫宮神社」

徳島にあるパワースポットとしても有名ですね。

境内から、隣の眉山ロープウェイ駅を裏側からのぞけます。

 

 

とくしまの家づくり2022 掲載

 

あわわ発行『とくしまの家づくり2022』に掲載されました。

お施主様のご協力で、8月に完成・お引き渡しさせていただいたこだわりのお家をご紹介しております。

キッチン・洗面化粧室の特集コーナーでもご紹介いただいております。

機会がございましたら、ぜひ書店で手に取ってご覧ください。

 

黒板(ブラックボード)のPOP

モデルハウスに置いてあったブラックボード。

かなり汚れやかすれが目立ってきていたので持ち帰り、

いったん綺麗にお掃除しました。

リニューアル後のブラックボードがこちら

POPを書くのは難しいです・・・・

挿し木で増やしたポトスがかなり大きくなりました。